RIETI 高度成長の過程で主導的産業として政府によって

xdjmslw

RIETI 高度成長の過程で主導的産業として政府によって。鉄鋼、自動車、化学、造船、電機など、後に「重工長大」と括られ、「軽薄短小」にとって代わられた業界。高度成長の過程で主導的産業として政府によってターゲティングインダストリーとして選択されたのはどのような産業でどんな特徴がありすか 経済、戦後日本経済の時期区分。①復興期,②高度成長期,③低迷期,安定成長期,④バブルと崩壊期,⑤停滞期
,成熟期軍事経済から解放された戦後経済を,「強兵なき」として,その発展
の特徴をまとめている。年から年までを高度 成長期? とする。「
それに先立つ年代前半も成長率は高かったが,それは消費主導」で
それでも,「その高度経済成長過程政府は, 日本経済の現状から,
ボトルネックとして,電力,鉄鋼,海運,石炭のつの産業を重点的 に強化する策
をとった。第一章。これもまた。来るべき高度成長を需要面から支える一つの要因となったことに
注意すべきである。この生産体制は。限られた輸入原料と政府資金を重要戦略
産業に配分することによって。戦後経済の俊敏な再建を図ろうとするものであっ
た。 この傾斜生産方式によって石炭の他産業への割り当てが可能となり。経済
再建の過程への速かな移行が可能となったことは1950年代後半には。
自動車産業など従来の育成?振興政策の対象であった産業のいくつかが既に高
収益産業として

高度成長の過程で主導的産業として政府によってターゲティング。高度成長の過程で主導的産業として政府によってターゲティングインダストリー
として選択されたのはどのような産業でどんな特徴がありすか?経済。3。ここでは。世界各国の政府がどのような戦略を立て。どのようなモデルで経済
成長を実現しているのかを分析し。現在も増加し続ける人口に下支えされた
個人消費による内需が主導する経済で。ヒト?カネを世界から集めて
イノベーションを活性化させ。成長』米国の持続的成長は。移民流入による
人口増。高度人材の集中によって支えられている第—図。ドイツでは
。輸出の中心である製造業が国内産業の中心として。継続的に経済を支えている

RIETI。戦後の日本経済は。成長率によってつの局面に区分できる。第は~年
通常。年以降が高度成長期と呼ばれるが。それ以前の復興過程の成長率もほぼ
同等の水準にあった。当時の日本経済は統制経済を基本的枠組みとしており。
傾斜生産も政府による物資の割り当て?配給。資金の割り当てなど統制的な手段
を用いて実施された。市場での年代後半以降。通産省?経産省は政府の経済
構造改革政策の立案に関して主導的な役割を担ってきた。そして

鉄鋼、自動車、化学、造船、電機など、後に「重工長大」と括られ、「軽薄短小」にとって代わられた業界。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です