asahi 原発は東電作業員の証言の通り津波の前の地震の

xdjmslw

asahi 原発は東電作業員の証言の通り津波の前の地震の。事実は、津波はたいしたことなかったです。原発は、東電作業員の証言の通り、津波の前の地震のみで大破し、循環水を失いながら短時間でメルトダウン
翌日、爆発して吹き飛んでしまいました そして、爆発して吹き飛んでからもう8年ですが、未だに復旧どころか収束さえも不可能で放射性物質も大量放出中です

福島原発以外の原発を見ても、殆どの原発の危険性がバレて停められたまま、そのままです

それなら再稼働した原発は安全かと言えば、そんなこともありません
地震大国の我が国の巨大地震は2000ガル3000ガルは当たり前なのですが、再稼働した川内原発の耐震強度も僅か620ガル
コアキャッチャーもなければフィルターベントも免震重要棟さえも意図的に省いた危険な原発を再稼働させたのでした

安全が確認できましたと国民をいつものように騙して再稼働です

これで安定的だと言えるのでしょうか asahi。東京電力は3日。福島第一原発で行方不明になっていた社員2人が4号機
タービン建屋の地下で遺体で地下1階にたまった水の排水作業や水素爆発
による退避などが相次いだため捜索は難航したが。3月30日午後に発見された
。東電の勝俣恒久会長は「地震や津波に襲われながらも。発電所の安全を守
ろうとした2人の若い社員を失った/; 「先行除染も手抜き」 福島第一原発
周辺の作業員証言/; 宮城県で亡くなった方々〈12月28日?県警発表〉/

タイムライン福島第一原発事故。。日本を襲った巨大地震と津波によって。世界有数の原発だった
東京電力福島第一原子力発電所は未曾有の危機に陥った。 放射性物質の分前
この日の福島県東部の浜通り地方は。日中になっても気温が度に届かず。月
なのに冬に逆戻りしたような肌寒さだった。原子炉の冷却作業に携わる可能性
のない社員や作業員。人余りはバスやマイカーで原発を後に吉田所長は
号機の水位低下の情報について。「記憶から欠落している」と後日証言している
。過酷な被ばく。太平洋沿いにある東京電力福島第一原発福島県大熊町。双葉町は。年
月日に起きた巨大地震と大津波により。世界最悪レベルの事海側敷地で。
ピット堀を埋める作業員たち=月日。福島県大熊町の東京電力福島第一
原発で山川剛史撮影当時は防護服と顔全体を覆うマスクが必須で。原子炉
建屋周辺には津波で流された自動車などが残り。がれきも散在していた。放射線
動画孤児たちの闘い~東京大空襲~ 戦争孤児と関係者の証言集

原発は東電作業員の証言の通り津波の前の地震のみで大破の画像。

事実は、津波はたいしたことなかったです。緊急津波予報でも4メートル。実際は5メートル。ネット工作員はすぐに嘘つくので注意しましょう。なので、最低でも、あと10メートル高台に原発設置、地下に緊急電源装置を置かない、バッテリを余分に用意しておく、圧力蒸気逃がし出口を建物の外に作る、逃がし弁を手動で動かしやすく工夫する。たったそれだけで、福島原発事故は起きない可能性はあった。もっと言えば、原発の配管、細管の補強ができればよかったですが、かなり被曝するので期待できないですね。お金もたくさんかかりますし。なので、古い原発は例外なく、全て危険です。あたりまえに、金属疲労を起こしてます。福島原発事故以前、安倍首相は、何度も原発事故の対策を求められましたが、事故対策は不要と答弁しました。その後、地震が来て、配管、細管破断。これで冷却水が喪失。合わせて、送電線倒壊。津波が来て、電源喪失。手動ベントが原発建屋内で近づけない。マニュアル書の紛失。原発職員のパニックで、いるだけ。本店の役員の無能なボヤキ。怒りに燃えた菅首相が現場に来てベントを強制。決死隊によって、圧力容器、格納容器の圧力は下がり、最悪の事故だけは免れました。1号基の格納容器が爆発していれば東日本は終了しました。連鎖的に、他の格納容器が爆発し、隣設の燃料プールが崩壊していれば、世界が終了しました。これは、妄想ではなく、世界的に心配された現実的なシナリオです。当時、ドイツはすぐに、放射能の拡散予想サイトを公開し、全世界が注目してました。しかし、無能なボヤキを続ける東電本社と現場は退避しようとしていました。米軍も、外国人も羽田、成田に殺到して、日本脱出をしてましたね。おしどりマコさんも、騒然としたパニック状態の東京に驚いたと、動画でおっしゃってました。怒りに燃えた菅首相が現場に来て、ベントを強制。決死隊により、なんとか、たまたまベントが成功し、限界圧力をとっくに越えていた格納容器、圧力容器の圧力が下がりました。最悪の事態は乗り越えましたが、ベントの出口が建屋内という、外国人設計者もビックリのナゾ設計により、水素爆発。大量の放射能が世界中に放出されました。広大な国土は使用不能になり、今も廃墟の死の町。あのとき、菅首相がいて本当に、日本は良かった。世界は助かった。東電本社の武黒と仲よしこよしらしい安倍首相だったら、退避許可をだして、東電の社員は逃げて、圧力限界を越えた原子炉とともに、世界が終わっていました。福島原発に近づくことも不可能だったでしょう。亡くなった福島原発所長さんの言う通り、東日本が永遠の廃墟になるところでした。以上のことは、「東 京 電 力」の動画ですべて、簡単に、確認できる事実です。検索能力も、動画も検証できない方は、わからないかも知れませんね。その後、安部首相は、菅首相に原発事故の責任をなすり付けようとしました。裁判記録に残る、安倍首相の事実です。そして、大噴火、大地震の予測があるにも関わらず、車なら廃車の40年経過している、老朽化原発の再稼働を決めたのも安倍首相です。しかも、原発を作りなおす、オーバーホールもなく、ペーパー車検みたいな検査で合格。西日本の再稼働原発は、大事故が起きれば、日本に高濃度放射能を、超長期間に渡って拡散してくれるでしょう。利益を出すために、マンション手抜き工事はあたりまえでしょうが、原発でそれは、日本が終わりますね。ちゃう。解析によると損傷の可能性があるのは、原子炉の水位を保つ緊急炉心冷却システムの一つ、「高圧注水系」と呼ばれる冷却システム。で、別の装置で原子炉を冷却。電池が尽きて動作に必要な弁の開閉ができなくなる。爆発って何?原子力の核燃料は20%程度の低濃縮なので爆発しない。核爆弾は90%以上に濃縮した核燃料を複数配置し、それらを爆薬によって「爆縮」することで、短時間で核分裂反応を起こす。これが核爆弾。最近、温排水の件でも中学生でも分かるようなことでも分からずに無知な質問をして、恥を晒して呆れられている「放射脳」ですが、この質問も無知が丸分かりで恥を晒している質問です。福一が大破どころか、地震で損傷したという科学的事実はありません。反原発派が4人もいた国会事故調が、地震説と、言っても「地震による損傷がないとは確定的には言えない」という表現を採ったのですが、国会事故調以外の、政府、民間、東電、規制庁、学会事故調に、地震説はデータに基づき明確に否定されているのです。国会事故調の反原発派似非耐震専門家の石橋、田中三彦氏は、科学的根拠が無いため、作業員の聞き取り調査で強引に地震説にしたのです。しかも、この作業員の聞き取りも、奈良林北大元教授などが指摘しているように、実際の作業員の発言内容と、国会事故調での聞き取り結果だという記載が違っていることも分かってしまっているのです。要するに、結論ありきの捏造をしたということです。爆発したのは水素であり、吹き飛んだのも建屋の一部であって、放射性物質の量も問題が無かったことは、被曝による人的影響が0であった99.8%の人が5mSv以下で、最大でも25mSvこと、過酷事故時の被曝制限である250mSv/人、2万人?Sv以下を十分満足していたこと、で明確になっているのです。原発が止まっているのは、政権を取った自民党が、田中元NRA委員長に騙され新規制基準の適合性を再稼働条件としたバックフィットからです。田中元NRA委員長は、審査は半年もあれば終わる、と言っていながら、実際は3~5年以上も掛かっているのです。「放射脳」ですから、安全危険、リスク、確率、危害、危険源の意味をまったく理解できていないのは承知ですが、福一事故の結果で分かったように、原発は危険源ですが、リスクは著しく低いので安全なのです。新規制基準をバックフィットする必要など、科学的にはまったく無かったのです。そして、これも10回以上説明していますが、気象庁が発表する震度、加速度と、原発の耐震性とは直接的には関係しないことを理解する必要があります。「放射脳」には無理だから、同じ間違いを繰り返しているのでしょうが気象庁が発表する震度、加速度は、気象庁、MEXT、都道府県が設置している加速度計の記録に基づき算出しています。この加速度計は、地表及び建物の1階に設置したものであり、地層表面の地震加速度を観測しているものです。一般の住居、ビルなどの建築物は、地表近くに基礎を作って建てられているので、住居、ビルの被害の目安を表すために地表の加速度を用いているのです。一方、原発の耐震設計は以下に基づいています。専門的になるので分かり難いと思いますが、まず、基準地震動というものを策定します。これは、原発を建設する場所、及びその周辺の地盤、活断層の状況を踏まえて、起こり得る最大の地震力を定める方法と、原発を建設する場所とは無関係に、日本中で観測された地震力に基づき定める方法の2種類から、大きい方の地震力で定めるものです。この地震力加速度の大きさは、原発が建てられる安定地盤解放基盤表面の加速度であって、地表ではないので、震度の加速度とはまったく違うのです。ですので、実際に原発の比較的近くで地震があった場合例えば熊本地震と川内原発でも、発表される加速度はまったく違うものとなります。熊本地震で観測された地表の加速度は最大約1600ガルでしたが、離れた距離の川内の解放基盤表面は僅か5ガルなお、原発で想定している地震力は、一般の建築物の5~10倍程度ですので、原発の重要設備に影響があるような地震が来た場合には、その地域の建築物は全滅です。「放射脳」の不思議なところは、自分が住んでいたり働いている住居、ビルや、使っている鉄道、道路など、人命に直結する建築物の耐震性は気にもせず、遥かに耐震性のある原発だけ気にするところです。質問者の住居ビルの耐震性どこまでの加速度に耐えられるなどまったく知らないで騒いでいるのです。そして、コアキャッチャー、フィルターベント、免震重要棟の機能も構造も分からずに騒いでいるのです。コアキャッチャーが付いている原発など、世界で稼働している400基の原発の中で1基も無いのです。免震重要棟もフィルターベントも無くても、福一事故で分かるように、被曝による人的影響は0であり、安全は確保できるのです。地震のみで大破したという証言はありません。ないものを偽装して見せている人達がいるようですが、ウソをつかなければいけない事情があるのでしょうかね。ウソをついて人をだますことにためらいがないというのは人としてどうなんでしょうか。企業に勤めている人ならわかると思うが、利益をだすことが最も大切。そうなると、安全対策にはカネも人手もかけたくないってのはどこも一緒だよ。電力会社だって、カネかけたくない。儲けたい。そりゃそうだよな。ましてや、自分の任期中に来るか来ないかわからない、いや、むしろそんな地震に遭遇する確率が低い中、経営者は未来のことまで考えて安全対策なんてしないよ。営利企業なんだから当然。そして、企業に勤めている人ならわかると思うが、経営者にはカスみたいな思想をもったやつもいっぱいいる。国民のために安全性を維持する、なんてこと言うと、バカにされちゃうんだぞ。じゃあ東電の事故は、他の電力会社の経営社からどう思われているのだろうか?きっと、「運が悪かったねー。」くらいのもんだよ。ほとんど起きない地震のために、安全管理なんてやんねーよ。震災当日の生報道で、敷地外へ走って避難した東電作業員がイチエフは終わった、逃げろ!逃げろ!と叫んでたのには驚いたぜw冷却水を喪失すれば終わりだからな。その東電作業員の証言どおり、短時間で冷却水が減水して直ぐにメルトダウン。スクラム直後の崩壊熱バリバリの時に冷却水喪失なら、普通にそうなるよなw全ての事故調査委員会の報告書で、否定された話を持ち出すのであれば、新たな証拠や証言が必要です。放射線量が下がって、中に入れるようになれば、新たな証拠が出てくるかもしれませんが。福島第一原子力発電所事故は、東日本大震災の揺れそのモノで大破しており、津波が来るまでに循環水を失いながら短時間でメルトダウンしているのであります。翌日には爆発して吹き飛んで仕舞い、爆発して吹き飛んで8年3ヶ月を経ようとしておりますが、未だに復旧どころか収束さえも不可能で、陸海空に放射性物質を大量放出?流出中なのであります。女川原発や柏崎刈羽原発等は重大過酷事故寸前で在ったのであり、殆どの原発の危険性がバレて停められたままであります。再稼働した9基の原発も危険極まりなく、地震大国の我が国の巨大地震は2,000ガル?3,000ガルは当たり前なのでありますが、再稼働した川内原発の耐震強度はたったの620ガルであり、コアキャッチャーもフィルターベントも免震重要棟さえも意図的に省いた危険な原発を再稼働させており、これを許したのは三反園訓知事であります。これでは、到底安全とは言い難く、危険極まりないと言わざるを得ないのであります。何れに致しましても、津波は副次的な要因の1つにしか過ぎず、東日本大震災の揺れそのモノで、福島第一原子力発電所事故は起きたと言えるのであります。地震で大破していたなら、地震後一時間非常用発電機で運転していたデータで明らかになるはずだが?現実は原子力規制委員会すら地震による主要機器の損傷なしという結論だデータすら見れない無能は8年たっても無能のままだ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です