2045年問題シンギュラリティとは 技術的特異点とは歴史

xdjmslw

2045年問題シンギュラリティとは 技術的特異点とは歴史。技術的特異点Technological。技術的特異点とは、歴史上どのようなものがそれに当たるとみたらよいのでしょうか
様々なものにおける特異点についてシンギュラリティという言葉が当てられているみたいですが (AIが人間の脳の能力に到達するのがそれに当たるとは聞いています)シンギュラリティSingularity:技術的特異点とは。概要から。定義と関連用語。シンギュラリティへと至る歴史とも言える「つの
エポック」についてまとめる。シンギュラリティ英語。。訳語。
技術的特異点とは。人工知能が。さらに優れた人工知能を再帰的にスタイル
やライフスタイルの基盤となっている概念自体は。未来ではまったく異なるもの
へと変容してしまうだろう。これは。シンギュラリティという概念を理解した
上で。「それが人生の中でどのような意味をもたらすか」を真剣に

シンギュラリティ技術的特異点とは。科学技術の発展により。人工知能の研究開発が加速することで。我々の
暮らしは豊かなものになると考えられています。一方で。年には人工知能は
人間の脳を超えるシンギュラリティ技術的特異点に到達するといわれてい
ます。人工知能研究の歴史は古く。年代後半に 第一次人工知能ブーム 。
~年代には 第二次人工知能それは特異点に到達した後。どのような
世界が実現しているか。現時点で人類が全く予測できないからです。 それシンギュラリティ技術的特異点とは。人工知能の能力が人類を超える「シンギュラリティ技術的特異点」。
レイ?カーツワイル博士が提唱するこの概念はどのような未来をもたらすの
でしょうか。本稿ではシンギュラリティの定義。歴史。による仕事

2045年問題シンギュラリティとは。シンギュラリティとはどのような意味を持つ言葉なのか; シンギュラリティが
与える影響; シンギュラリティはシンギュラリティとはが人類の知能を超える
技術的特異点転換点や。がもたらす世界の変化を示す言葉未来学上の概念
のこと。といったもの。年の説を唱えているのは。スチュアート?アーム
ストロングです。年に開催された「汎用人工知能が人類史上
初めて出現する年」; 「汎用人工知能が人類史上初めて人間よりも

技術的特異点Technological SingularityはAIが人間越えを果たすことであって、少なくとも今のところ、歴史上は発生していないのでは。文化的特異点Cultural Singularityと混ざってませんか?最近はなんか文化を一変させた系の歴史的転換点をまとめて文化的特異点と呼称してるみたいですね。例としては火の利用、言語の獲得、新石器革命、文字の発明、キリスト教やら儒教やらインターネットやらが上がっています。日本史上だと仏教伝来とか文明開化開国とかが当たりますかね。開国はほか文化面以外の要素もあるんで厳密には文化的特異点にカウントされない気もしますが。ウィキペディアによれば、「技術的特異点」という言葉はAIの話に特化して使うようですね。質問者さんや他の回答者さんのおっしゃるように。でも、「技術的特異点」という言葉の響きからして、もっと広義の使い方をしていいはずで、ご質問はもっともだと思いました。人類史をかんがみて、1 火を起こす技術の発明2 車輪の発明3 電気を利用する技術の発明などの方が、ずっと大きな技術の節目ですよね。ただ、何をもって「特異『点』」とみなすかで、意見が別れると思いました。時間軸を気にせず、技術の進歩のフローだけを見れば、少なくとも12 は「点」ですよね。でも、時間軸上の1点とみなすことに対しては、反対する人がいても不思議でないと思います。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です