選択的夫婦別姓 夫婦別姓選択的夫婦別姓に賛成しますか 日

xdjmslw

選択的夫婦別姓 夫婦別姓選択的夫婦別姓に賛成しますか 日。反対している方達は、安倍自民、維新等とその支持者の極右の方達で、国家主義思想の方達です。夫婦別姓(選択的夫婦別姓)に賛成しますか 日本でも「夫婦同氏」を定める規定が制定されたのは明治31年になってからで、それほど歴史のあるものではありません
夫婦に同姓を強要すれば夫婦の結びつきが強まるというものでもなく、別姓なら離婚しやすいというものでもないと思います
こんなのは個人の自由な判断に任せたほうが良くないですか

反対する人の意見を聞きたいです 選択的夫婦別姓反対議員50名の主張への法学者?当事者からの反論。ちなみに年以降に可決した件のうち。自民党を含めたすべての会派が 賛成例えば。戸籍は選択的夫婦別姓。最近。夫婦が希望すれば結婚前の姓を名乗れる「選択的夫婦別姓別氏制度」
を求める議論が高まっていますもし。私が将来結婚したときには。パートナー
の気持ちを聞いた上で。夫婦別姓にするか否かを判断したいと思っ私は選択的
夫婦別姓制度を導入することに賛成です。この制度の導入は。夫婦同姓を
妨げるものではなく。カップルの自由を広げるもので。私自身がどうしたいかは
まだわかりませんが。早く日本でも実現することを切望しています。

?選択的夫婦別姓?反対派の声が幅を利かせ続ける日本社会のおかしさ。月日に了承された第次男女共同参画基本計画案では「選択的夫婦別姓」の
文言が削除されることになり。制度導入は大幅な後退をみることになりそうです
。自民党内でも賛成派が増えているにもかかわらず。なぜこの法務省:選択的夫婦別氏制度いわゆる選択的夫婦別姓制度。なお,この制度は,一般に「選択的夫婦別姓制度」と呼ばれることがありますが
,民法等の法律では,「姓」や「名字」のことを「 氏うじ」と法務省
としては,選択的夫婦別氏制度の導入は,婚姻制度や家族の在り方と関係する
重要な問題ですので,国民の理解のもとに進められるべきものと考えています。
Q9 別氏夫婦の子どもは,いったん決まった氏を変更することはできないの
ですか。

選択的夫婦別姓「賛成」70。他の夫婦も同姓であるべきだ」とする「反対」の回答の割合は%にとどまっ
た。らが全国の歳未満の成人男女人を対象に選択的夫婦別姓について
意識調査を行ったところ。「賛成」の割合が%にのぼった。; 日本
語; 简体字; 繁體字; ?; ?; ???????; Русский他の夫婦は同姓でも
別姓でも構わない」が%。「自分は夫婦別姓が選べるとよい。「日本の家族を壊している」と批判されるカップルたち。井上麻里さんと臼居浩太郎さんは。選択的夫婦別姓が実現するまで結婚しないと
決めた 大学教員の理論上は。それまでの姓を諦めるのは夫でも妻でもどちら
でも構わない。しかし実際婚約者の臼居さんもこれに賛成だ。臼居さんは姓
を変えるかそのままにするか。選べるようにしてほしい」 夫婦の

選択的夫婦別姓制度ってなんだろう。選択的夫婦別姓制度とは。結婚した夫婦が望む場合は。結婚前の姓名字を
名乗ることを認める制度のこと。日本の法律日本の法律では『夫婦は。婚姻の
際に定めるところに従い。夫又は妻の氏を称する。』と定められ手続きのため
には仕事を休んだり。費用が発生したりするため。選択的夫婦別姓制度の導入で
こうした手間やコストを省けるというメリットがあります。ます。 また。研究
職以外でも会社によっては旧姓を使い続けられないことがあります。20代~30代独身男女。「選択的夫婦別姓」制度に賛成ですか?=,※必須回答 まずは~
歳の未婚男女,人を対象に「選択的夫婦別姓」制度について賛成か反対かを
聞いてみました。 「賛成」%または「どちらかと言え

「正しい知識広げて」選択的夫婦別姓に賛成。夫婦同姓か別姓か自由に選べるようにする「選択的夫婦別姓」について民間団体
が調査したところ。愛媛県民の賛成の割合が全国で最も低かった。結婚後も元の
姓のままでいたいと。県内でも制度導入を求める動きはある…

反対している方達は、安倍自民、維新等とその支持者の極右の方達で、国家主義思想の方達です。夫婦別姓になると家制度が崩壊する、危うくなると考えているからで、必死に反対しています。反対派です。ただ正直、選択制なら夫婦別姓自体は導入してもかまわないと思いますですが賛成派には少なからずおかしな主張がありますたとえば「夫婦同姓は男女差別的規定だ!」と言う主張。夫婦同姓の規定は「夫婦は同じ姓を名乗る」ものであって「夫婦は夫の姓を名乗る」ものではありません。根本的に間違っていますたとえば「姓がかわると仕事上不都合がでる」という主張。選択制なら姓を変えることを選択する人もいるでしょう。じゃあそういう人に不都合がでるのはいいのか?そうじゃないでしょう。結婚すれば男女どちらかは姓を変えるのですから「姓をかえても仕事に支障が出ないようにする」のが当然であって「仕事に支障が出るから姓を変えない」はおかしな考え方ですこういった誤った考え方が賛成派内にあるうちは夫婦別姓の導入には反対です。そういった誤った認識がなくなったときにきちんと議論し改めて考えるべきことだと思います反対意見を読んでみたが、女性差別に関する言及がないから貼り付けとくわ夫婦別姓日本を含む130カ国の賛成で、国際連合で1979年に採択された「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」では、選択的夫婦別氏の導入が要求されている[15][33][53][54][55][56][注 5]。そのため、国際連合の女子差別撤廃委員会は、2003年、2009年、2016年の勧告で、日本の民法が定める夫婦同氏を「差別的な規定」と批判している[25][15]。 2003年8月の勧告では、委員会は婚姻最低年齢、離婚届後の女性の再婚禁止期間の男女差、非嫡出子の扱いと共に「夫婦の氏の選択などに関する、差別的な法規定を依然として含んでいることに懸念を表明する」と日本に勧告した[58]。 日本国政府は2008年4月に選択的夫婦別氏制度について、国民の議論が深まるよう努めていると報告したが[59]、2009年8月に再度、委員会は前回の勧告にもかかわらず、差別的な法規定が撤廃されていないことについて懸念を有すると勧告したほか、「本条約の批准による締約国の義務は、世論調査の結果のみに依拠するのではなく、本条約は締約国の国内法体制の一部であることから、本条約の規定に沿うように国内法を整備するという義務に基づくべき」と勧告した[25][60]。 日本国政府は、2014年8月にも報告書を提出したが[61]、2016年に委員会は再度、「過去の勧告が十分に実行されていない」「実際には女性に夫の姓を強制している」と勧告した[62][63]。 2016年には、国連女性事務局長のプムジレ?ムランボヌクカは、日本の夫婦別姓を認めない規定について、「男女の平等を確かなものにするため、選択肢を持たなければならない。」と述べている[64]。もちろん反対します。>夫婦の結びつきが強まるというものでもなく、別姓なら離婚しやすいというものでもないと思いますこれに全く根拠がありませんから。普通に考えて、同じ家で暮らす家族が夫婦、子供、兄弟で苗字が分かれる???これを当たり前と考えるのは日本の価値観としては有り得ませんしね。反対です。別姓論は非常に中途半端ですから。自由を求めるなら、氏を名乗らない自由を求めるべきで、名の変更の自由も求めなければなりません。同姓の強制よりも氏の強制に反対するべきです。順番が逆ですね。結婚において、国籍において、同姓にすることにより登録が出来るわけですし、それによって結婚が形作られてるわけです。結婚と言うのは、形式そのものに価値があり、そこに歴史の長さとかあまり関係はありませんよ。結婚登録の現在の登録の仕方そのものが結婚を形作っており、それに基づいて社会が既に繋がって出来てるわけです。個人の都合や勝手で変えられても、困るのはそれ以外の周りの人間全部なのですから、本人の好き勝手にするって発想はおかしいです。だって「他人にそう思わせる、呼ばせる法律」なのですよ?それが許されるなら、そもそも、名前なんて個人の自由で制限なしで決めれないと理屈に合いません。それをやってはいけない理由→社会に、迷惑。社会混乱を引き起こす、、からダメなのです。同じ理由で夫婦別姓もそうてしょ?子供一人に対して夫婦別姓で、どうやって平等に姓をつけれるの?そういった問題を無くすためも含めた同姓制度なわけです。社会皆に不便だから、国民全員我慢して姓を統一して社会を生きやすくしましょう、、みたいに決まったものを、やりたい人だけ勝手に別姓にします、、周りはこの別姓に合わせなさい、、みたいなのって、本末転倒じゃない。選択的、、とか聞こえのいいように言ってるけど、どちらかを社会全体が選択せず、両方オッケーにして、矛盾と曖昧さの問題を後回しで考えてるだけ。進んでるように聞こえるけど、これって選択前に戻してるから退化ですよ。名前というのも登録というのも「個人が他人にさせること」なわけです。それを決めるのに「やりたい人が好きなように 」なんて結論は個人の好き勝手を許してるようなものです。それを許したら、名前なんて自称ニックネームに成り下がり、登録も本当に何の価値もない紙切れになります。自分で自由がきかない、制限のあるところに、価値と信頼と意味があり、それを求めるから、みんな名前の登録に拘るわけです。そんな理由で勝手にしていいと言うなら、同じ理由で名前も好き勝手に変えられないとおかしいです、でも、そうなったら社会は破綻するよね。同姓だけでも結婚や家族の目安になるのに、まずはそれから無効化されると言うことです。更に、戸籍や子供の名前問題も発生するし、例え決まっても、そこにはっきりとした価値が子供の方から感じられなくなるでしょう。それと、制度は短くても、普通に文化として大昔からあるものですよ?姓って、。あなたは多分知らないのでしょう。結婚の場合も、結婚式をやるかやらないかで離婚率も変わるし、姓の繋がりもそうです。簡単に楽に出来るという時点で、それは促進されると言うのは当たり前だし、そうなると意味が変わり価値は落ちます。形式や形と言うのは、それそのものを形成する重要なものであるわけです。別姓を欲しがる人はまず同姓から成り立ってる姓の高価値を先に考えるべきですね。目には見えませんが、それ自体を形成してる一部なわけです。何て言えばいいのかな?例えば、黒色をさして黒って名称をつけてる訳ですよね?それを「人によって自由に白って読んでもいい。そう呼びたい人がいるから」とかにしたら、社会は混乱するし、それだったら色に名称をつける価値が減るよね?同姓で決まる。子供も親もみんな同じ姓、、というもので育った子供が大きくなって姓に拘るわけです。まず、同姓であるそこに、姓としての統一不自由価値があるからこそ、そこに選択したいみたいに価値の探索追求が出てくる。貧乏人がお金が欲しくて稼ぎたいのはお金が自由にてに入れられず、価値が高いからです。貧乏人に合わせてお金をいっぱい空からばらまいたら、お金の価値が無くなるんだから貧乏人がお金持ちになるわけではないよね?平たく言うと、別姓にした時点で、今までの同姓の制度とは全く違うものになり、自由に選択てきるということはそれ自体が価値の薄いものになるということ。不自由があるから自由という言葉に意味と重みがあるのです。同姓にしたい理由が個人の好き嫌いやちょっとした個人的利便性なのであれば、そんなものに最早価値などないです。ですから、変えたくな人たちは、「個人的好き勝手で姓の価値を下げるな!」と言いたい訳ですね。「選択肢が増えるだけで誰も困らない」が賛成の理由なら反対です。選択肢が増えるということは制度の重みがなくなるからです。上記の理由の場合、例えばですが近親婚や同姓婚、多重婚だって当事者が良いならば誰も困りません。それだけでなく動物やフィクションの人物との結婚なんかも誰も困りません。それらも「選択肢が増えるだけで誰も困らない」でOKにするんでしょうか。結婚制度自体、宗教的あるいは文化的意味合いの強い制度ですから、つまり選択的でも別姓婚に反対している方々はある程度の方が同一で右に倣え、の制度に魅力を感じてるわけです。「多様化」とか言ってなんでもありにしてしまうのは浅慮が過ぎますし結婚制度自体が形骸化するわけですから。Jリーグで多様化で俺は手を使う、って言ってるようなもんです。だったらバスケやってりゃいいじゃん。って絶対言われますよ。結婚なんてしてもしなくても物理的には多少税金の優遇があるくらいです。メリットは心情的な価値だけですから仕組みに反対なら結婚しなければよいだけです。だれも必ず結婚しろ、とか言ってません。>こんなのは個人の自由な判断に任せたほうが良くないですか?だから個人の自由な判断で『どちらの姓にしても構わない』としています。選択的夫婦別姓を認めるべきメリットが何一つありません。そんな無駄なことの為に法制度の変更に国費を使うなど無駄遣いの極みです。賛成しているのは身勝手な人だけです。正直に言って、反対する時点で馬鹿確定レベルだと思います。別姓のままがいいという人たちは、籍を入れないんじゃないですか。事実婚というか、籍を入れなくてもいいんですよ。新しく戸籍を作って、夫婦同姓にするというのは、血縁関係をはっきりさせるためです。近親婚を防ぐためです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です