臨港地区のあらまし 工作物の確認申請についてです港湾法に

xdjmslw

臨港地区のあらまし 工作物の確認申請についてです港湾法に。港湾は各港ごとに取り決め規則があり、かなり厄介な港もあります。工作物の確認申請についてです
港湾法に基づく臨港地区内に煙突を立てるため工作物申請をします
なお、港湾法における臨港地区内の届出が必要な行為ではないです

この場合でも、管轄の港湾局に事業計画を認めても らう必要があるのでしょうか
そして、その事業計画書が確認申請時に必要となるでしょうか 建築確認申請の事前協議について。建築主代理人は。建築確認を建築主事又は指定確認検査機関に提出する前に。
建築確認申請の事前協議を行って下さい。建築場所が臨港地区の場合 ? 港湾
事務所協議回答書の写しを添付してください。国土利用計画法に基づく届出
について別ウインドウで開く」及び「公有地の拡大の推進に関する法律に
基づく届出と申出工作物。昇降機に係る事前協議は不要です。

臨港地区内は用途地域が適用されない港湾法と都市計画法の関係。都市計画区域の中に指定される地域地区都市計画法第8条ですが。都市計画
法に基づき用途地域が指定されると。この理由については。建築基準法。都市
計画法の両法に規定はなく。港湾法に記載されています。港湾法第58条を確認
するとわかるようになっています。分区とは。臨港地区内において建築物や
工作物の用途等の制限などを行う指定区分のようなもので。港湾管理者が指定
消防長等の同意が不要必要な建築確認申請?許可についての解説大阪市:臨港地区規制。これは。港湾区域と一体となった土地利用を行い。港湾機能の増進。水際線の
有効利用等を図るためのものです。大阪港臨港地区の区域内においては。港湾
法及び分区条例の規定に関する事務の取り扱いについて「大阪港臨港地区の分区
における分区内で建築確認申請を行う際には。あらかじめ大阪港湾局へ「事業
計画書」を提出していただき。構築物の用途が「分区この要綱の適用範囲内で
建築物を建築したり。工作物や広告物を設置する際には。大阪港湾局と事前協議
を行う

神戸市:各種申請手続。各担当課は令和2年4月現在です。臨港地区, 港湾局, 経営課経営第係, ポート
アイランドビル階確認申請建築物?工作物?開発許可等省エネ法に
基づく省エネルギー措置の届出, 建築安全課建築安全係用途地域。防火?準
防火地域。都市計画道路。都市計画公園等については。都市局指導課で必ず
確認してください。 建築基準法上の道路の種別 道路幅員がメートル以上の道路,
道路法による道路公道, 法条項号, 建設局道路 管理課 道路台帳係臨港地区のあらまし。そこで。このような陸域を。都市計画法に基づいて指定したのが「臨港地区」
です。港湾法第条のにより臨港地区内で一定規模以上床面積の合計が
,以上又は敷地面積が,以上の工場または建設計画について港湾
局管財第一課に相談; 提出文書の内容確認仮提出; 提出工事着工日前迄; 届出
を受理した日から日仮提出; 提出; 適合印を押印した届副本を返却; 建築局
等の建築確認申請機関に。建築確認申請の添付書類として提出; 着工

港湾は各港ごとに取り決め規則があり、かなり厄介な港もあります。港湾局に問い合わせるのが一番。所轄によりとんでもなく時間がかかるところもあります。こんなところで時間を無駄にせず、積極的に局に出向きましょう。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です