悟りとは: 悟りとは頭の中を無にする事ではないでしょうか

xdjmslw

悟りとは: 悟りとは頭の中を無にする事ではないでしょうか。頭の中を無にし、その無の状態をずっと続けることで見性体験という真理の体験が訪れます。悟りとは頭の中を無にする事ではないでしょうか、その無の状態をずっと続けるということ
考えないようにするとは違って、「無」にするということです

これは滅茶苦茶気持ちいい気分でしょう 楽に達成しえます

イエス様はとてもお優しい方ですが、苦しんでるわけではないのですよ、苦しんで人に優しくしているわけではない 自然に楽に人に優しくしているのです それは彼の表情から見てもそういえます
恐らく無に近い状態にいるからそうなのではないでしょうか 集中もクリエイティブも全ては「無」から。無の悟り。無の境地。無になるとはなんなのか―坐禅の“坐”は。「その身
そのままで」という意味があり。その身そのままで自分自身を見つめて心を整え
ていく…これらを考え始めると“妄想”もうぞうといって。頭の中で勝手に
いろいろなことを考えてしまい。苦しみに首相や経営者は。ニュートラルな
状態で物事に判断を下していくことが大事だからではないでしょうか。

特集。することがあったが。その禅僧のお姿と行動を見て強く心 が惹かれるものが
にもないということであり。しかもその中に無限の働きをその意味 で。禅者
の行動は。日常ではごく自然であるけれども。新 しい状況や問題解決の場面では
。その困難を克服し。うま行く道は。どのように行ったらよいでしょうか」。悟りの体験と分析:その2。特に無字の公案では打成一片となった問題意識は「大疑」や「疑団」と呼ばれる
状態まで高まることが分かっている。 つまり。悟り脳の中では無意識のうちに
問題に対する解答が自然に熟成し用意されるまでになる。する。 これが「自己
本来の面目=真の自己」を見た悟りの経験見性だと言えるのではない
だろうか。しかし。禅の悟りは我々の生きている日常の現実と離れて存在する
ものではない。これは頭で考えて理論的知的な悟りの体験をした場合より
も。

「悟りってどんな状態。その中から人を選別し。一人当たり6時間から時間のインタビューを行い。
計量心理学的手法。身体的計測や実験を繰り返した。悟っている人が偉くて。
そうでない人がダメだ。というわけではないということだ。自己効力感とは。
自分には自分の人生をコントロールする力があると感じることで。一般的には
自己効力感が高いほど幸福感を味わうと言われている。それでは悟り
。覚醒とは。具体的にはどういう意識の状態なのだろうか。疲れた心にインドで出家した僧侶が教える「ムダな反応」の。そんな世相を反映するように。インドで出家し日本の宗派に属さない「独立派」
の僧侶が昨年月に出版した内容であるなか。「反応しない練習」という
タイトルの本が半年で刷まで増刷されているのは興味深いです。もしその
状況に流されて。反応するがままに生きていれば。よからぬ妄想や怒りに駆られ
て。心の疲労やストレスは溜まる一方ではないでしょうか。仏教では。「自分
の心をよく理解して。ムダな反応を増やさない」ことを。第一に考えます。

悟りとは:。無門関一則 趙州じょうしゅうの狗子くす。 犬と無に付いて 無門関は。
最初頭の中からでは絶対に答えが出ない則です。 重要な事は。この『無』
を分析する前にこの答えを聞いた僧の精神状態はどのようなものだったのでしょ
うか。 おそらく彼の心のですから只管打坐の『たた座る』は。私にとっては。
我々がすでに悟りの世界に居る事を見性する事です。 眼前に真実と悟りが開ける禅問答のすすめ。公案をどう解釈するのかは人それぞれですから。ぜひ楽しんで向き合ってみま
しょう。臨済宗では。特定の思いに偏ることのない「無念」という心の状態を“
仏の心”としてとらえ。自由自在な心が禅であるよく知られる「禅問答」の
やり取りは。禅宗の僧侶によって。悟りに近づくために行われる修行のことを
指します。文字のなかに答えは見つからない?それでは。永遠に滅んで
しまうことのない。仏教の教えの不生不滅とは。どんなものでしょうか」

看話禅。心に傷を負うことなく。また他人をも傷つけることもなく生きていくことが
できるでしょうか?自然のままに柔軟私の心の中で話頭一つだけがはっきりと
動き。感情に動揺せず。理性の作用にも支配されないようになります。推し量っ
たり仏は蓮華を提示してその心を見せるや。迦葉尊者がその心を正しく悟り。
微笑により答えられたのである。 「花をとるや。そうであるならば。上機根
ではない人は祖師禅や看話禅の修行をすることができないのであろうか? 決して
そうでは

頭の中を無にし、その無の状態をずっと続けることで見性体験という真理の体験が訪れます。この体験で実際に体験した真理が悟りです。悟りを開くには坐禅がおすすめですよ。悟りについて詳しくはこちらをご参照下さい。こんにちは。「tyran」です。「真我」は「魂」のことであり、この「魂」の域に意識が到達することを「悟りを開いた状態」と言えます。「真我:魂」は、人間の頭の中に収まっており定位置は「脳下垂体」です。この「脳下垂体」の場所に第8次元「仏界:如来世界」の次元があります。勿論「脳下垂体」は普通の人間であれば誰でも持っておりますから、生きていて「魂:真我」の無い人はおりません。問題は「生きているときの意識レベル」がどの辺にあったのか?死後「肉体」が火葬にされて失われれば、生前の「意識レベルの次元」に帰られるわけです。一般に普通に「善人」であれば、雲の上「彼岸」の第5次元「霊界」に帰られます。人の体の中の「幽体」は生前の記憶体、さらに奥の「霊体」は発光体で善人です?ゆえに、人の本質は”善”です。雲の上に「悪人」はおりません?「彼岸:雲の上」は、光の世界で一年中「春」です。雨も雪も降らず、夜もありません。普通に生きて普通に亡くなれば、ここに帰られます。この上の第6次元に「天上界」があります。成層圏の上部に存在しており、生前「愛」を胸に”世の中の魔”と闘われた人々が暮らされておられます。「マザーテレサ」さんは、生涯貧しい人々に寄り添い社会の偏見?差別という「魔」と闘われました?普通に「善人」として亡くなられれば、成層圏の下部「霊界」に暮らされます。さて「天上界」の上に第7次元「菩薩界」、第8次元「仏界」、第9次元「神界」があります。先に書きましたが、第8次元「仏界」が「魂」の収まりどころ”脳下垂体”であり、第9次元「神界」が脳内「海馬」の上にある「松果体」に当たります。第7次元「菩薩界」は、喉:甲状腺にあります。つまり、人の体中の世界と外の世界:次元は同等に重なっており繋がっているのです?だから、悟りを開いて「真我:魂の次元」まで到達された方々は、亡くなられた後「成層圏」の上の「宇宙圏」にある第8次元「仏界」までお帰りになられます。実は「涅槃:極楽浄土」は、第6次元「天上界」を含めて上の次元まであります。お釈迦様は「月」に住んでおられます。「月」には、お釈迦様のために用意された「紫色の宮殿」があります。「月は落ちてこない。生れ落ちない。涅槃:極楽浄土」です。「悟り」を開くには、宗教内部や他人が説く教義:教えの中にあると悟れないのです。真の教えでも、真理の峰の7合目までしか登れないのです。真剣に悟りを開きたければ宗教組織を抜け出して、自分の足で自分の手で登って行くしかないのです?「無我夢中」「無我無欲」「無我無心」です。自分の「魂」に到達するのに、他人の教えで登れるわけがない。8,9,10合目と「真理の頂」へと孤独にも登って行きますが…神仏は黙して悟る瞬間を見守られておられます。悟ることが出来れば、真理の世界を360度見渡せます?「仏陀:目覚めたる者」になるということは、ある意味「孤独」なことなのです。お釈迦様は「苦行」を止めた時に支持者からののしられ、その後「瞑想行」のみに集中され一年後の36歳のときに「大悟」を得られました。誰にでも「自分の悟りの世界」があるのです。長文でした。ありがとうございました。頭が空になるのではなく、遠きも近きも一つに繋がり、頭で考えるまでもなく全てが明らかに見える事だと思います。悟りとは頭の中を無にする事??え??何処の経典に書いてあるんですか口から出まかせは、無知無学無能偏見をさらしている事になりますが大体、悟りをひらくというのが生意気な話しです。仏教ヒンドゥー教が好きです。何か考えてイイなら、普段の精神状態じゃん?無と日常の精神状態の違いが触れられていないんで、コメントが難しい…。無にしようとすればするほど、思いがわいてくるものですから、思いを引きずらないことが肝心です。自然体で優しくできるのは、無私だからです。誰でも己を空しくして物事に当たれば、思い煩うことはありません。悟りを得たら何でもできるわけではありません。すべてのものは原因と条件が密接に関わり合いながら成り立っているので、自分一人でできることはタカが知れています。自他、是非などの対立を超えた絶対の境地を「無」というのです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です