安全を考える 浜岡原発にある非常用電源は海抜40メートル

xdjmslw

安全を考える 浜岡原発にある非常用電源は海抜40メートル。確かに1km程度離れた海抜40mの位置に非常用電源は在るには在りますが、南海トラフ巨大地震はM8?9で高台の40mに在る非常用電源は跡形無く破壊され尽くすは火を見るよりも明らかであります。浜岡原発にある非常用電源は、海抜40メートルのところに設置されていますが、海の近くなのですか 1キロ離れたところと聞きましたが… 南海トラフ地震が起きたら非常用電源まで危険ですかね 遠藤功の現場千本ノック。静岡県御前崎市にある中部電力唯一の原子力発電所。浜岡原発を訪ねてきた。
掛川駅から車で約40分。取水槽や注水ポンプを守るための新たな壁を設置し
たり。緊急時用のポンプ室の新設。緊急用予備電源の設置も行われている。
さらには。敷地内の海抜40mにある高台地点に新たな施設が設置され。正直
驚いた。そもそも福島第一原発の事故は。不十分な防波堤と海抜の低いところ
に非常用発電機を設置していたことに起因する人為的ミスだと私は思って

海抜40mの高台へ発電機の設置など。送配電事業の一層の中立性?公平性を確保しております。 採用情報
よくあるご質問?お問い合わせ個人情報のお取扱いについてご利用の焦点:浜岡原発で続く4年越し大工事。浜岡原子力発電所静岡県御前崎市が。菅直人首相当時の要請を受けて
2011年5月に運転停止してから2川勝平太?静岡県知事が中部電の
取り組みを高く評価する一方で。大規模な東海地震を想定する必要がある立地
環境構造の建屋内に設置。3海抜40メートルの高台に発電機を設置し。
代替電源を確保する―─などが含まれる。投票については。「原発のような
未来に大きな影響を与えることでは。やってもいいと思っている」と明言した。

「安全」を考える。もう一つ。浜岡原子力発電所の敷地内には。トンネルで海とつながっている「
取水路」と「取水槽」がある。万が一建屋内の非常用ディーゼル発電機が使え
ない場合に備え。海抜メートルの高台に台の「ガスタービン発電この発電
機で原子炉に注水する為のポンプや。海水を使って冷やすための緊急時海水取水
設備を起動するわけだ。仮に電源を喪失した場合でも。「注水ポンプ車」が。
海抜メートルにある緊急時淡水貯槽などから水を原子炉に供給する「浜岡原子力発電所」~防波壁。この度 ユニシス研究会中部支部である中部電力様のご厚意により。ユニシス研究
会特別プログラムとして。 静岡県御前崎市にあります「中部電力株式会社 浜岡
原子力発電所」を見学させて頂けることになりました。今回の特別プログラム
では。津波対策としての現在建設中の防波壁高さ。総延長と海抜
メートル高台における非常用電源設備の建物工事等の現場見学を予定してます

原子力発電所の新たな安全対策。中部電力の浜岡原子力発電所では。年月から。津波に対する安全性をより
一層高めるための「新たな対策」が進められ原子炉建屋に資機材を搬入する
開口部の扉は多重化され。外側に「強化扉」。内側に「水密扉」を新たに設置
する強化扉」は厚さメートル。重さトンと重厚ですが。電源が使えない
場合でも人力で開閉できる構造となっています。非常用ディーゼル発電機」等
の機能が全て喪失した場合でも原子炉を「冷やす機能」を確保するため。海抜
メートル

確かに1km程度離れた海抜40mの位置に非常用電源は在るには在りますが、南海トラフ巨大地震はM8?9で高台の40mに在る非常用電源は跡形無く破壊され尽くすは火を見るよりも明らかであります。あの張りぼての防潮堤は壊滅し、津波が浜岡原発のディーゼル非常用電源を水没させて使い物に成らなくなり、二つの非常用電源が同時的に失われるために、重大過酷事故に至る可能性すら覚悟する必要が有ると思うのであります。南海トラフ巨大地震 様式=プレート間地震 規模M8?9クラス 30年以内の発生確率70%?80% 程度=南海トラフ巨大地震 – Wikipediaより一部改変

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です