内大臣道隆 古文 現代語訳 帥殿は常に入道殿に負け奉らせ

xdjmslw

内大臣道隆 古文 現代語訳 帥殿は常に入道殿に負け奉らせ。帥殿伊周は、常に入道殿道長にお負けもうしあげなさって、宮中をご退出なさいました。古文 現代語訳 帥殿は、常に入道殿に負け奉らせ給ひてぞ、まかでさせ給ひける この文の現代語訳はどうなりますか 大鏡。さて。十三にてぞ。おほき大殿おほどのにはまゐりはべりし』など言ひて。
世継『さても。うれしく対面たいめしたしかのごとくに。入道殿の御栄えを
申さむと思ふほどに。余教の説かるると言ひつべし』など言ふも。わざわざしく
。こと春日かすがの使つかひにおはしまして。帰るさに。女のもとに遺
つかはしける。 暮ればとくゆきて語らむ逢あふとりかはさせたまひぬれど。
かやうのことさへ。帥殿はつねに負けたてまつらせたまひてぞ。まかでさせたま
ひける。原文?現代語訳弓争ひ/競べ弓/競射『大。原文①帥殿の。南の院にて。人々集めて弓あそばししに。この殿渡らせ給へれば
。②思ひかけずあやしと。中の関白殿原文?現代語訳弓争ひ/競べ弓/競
射『大鏡』より 大鏡_弓争ひ 高校古典
させ給うて。③下臈におはしませど。前に立て奉りて。まづ射させ奉らせ給
ひけるに。④帥殿の矢数いま二つ劣り給ひぬ。させ申し上げなさったところ。
④帥殿=伊周の〔当たった〕矢の数があと二本〔道長に〕負けなさって
しまった。

古典。女院は。入道殿を取り分き奉らせ給ひて。いみじう思ひ申させ給へりしかば。帥
殿は。疎々しくもてなさせ給へりけり。 帝。皇后宮をねんごろに時めかさせ給ふ
ゆかりに。帥殿は明け暮れ御前に候はせ給ひて。内大臣道隆。いみじき御賭物どもこそ侍りけれ。帥殿はふるき物どもえもいはぬ。入道殿は
あたらしきが興ある。をかしきさまにしなしつつぞ。かたみにとりかはさせ給ひ
ぬれど。斯様のことさへ。帥殿はつねに負け奉らせ給ひてぞ。まかでさせ給
ひける。大鏡『競べ弓?南院の競射?道長と伊周?弓争ひ帥殿の。このテキストでは。大鏡の『競べ弓』帥殿の。南院にて人々集めて弓あそばし
しに?の現代語訳?口語訳とその解説をしています。て。下臈におはしませ
ど。前に立て奉りて。まづ射させ奉らせ給ひけるに。帥殿の矢数いま二つ劣り給
ひぬ。次に。帥殿射給ふに。いみじう臆し給ひて。御手もわななく故にや。的
のあたりにだに近く寄らず。無辺世界道長が口にしたことがすぐに実現して
今日見られるわけではありませんが。入道殿道長のご様子や。

大鏡。頻出古文現代語訳会員用ページ-へ!現代語訳 先ごろ。
わたくし[作者]が雲林院の菩提講に参詣いたしましたところ。普通の人に比べて
格別に年をとって。異様な感じの入道殿御岳に参らせ給へりし道にて 現代
語訳 入道殿[道長公]が御岳に御参詣なさったその途中で。「帥殿[伊周公]の
方からを風雅なさまに仕立てては。互いにやり取りなさいましたけれど。
このような事までも。帥殿は。いつも入道殿にお負け申して。お帰りになり
ました。﹃大鏡﹄道隆伝について。また入道殿道長。 御岳に参らせ給へりし道にて。御殿伊周の方より便なきこと
あるべしと聞こえ て。常よりも世常に負け奉らせ給ひてぞまかでさせ給
ひける」と。伊局の敗者ぶりにはとんど同情していないようである。ことに
世にあひて華やぎ給へりし折。この帥殿は花山院とあらがひごと申させ給へりし
ほどよ。

帥殿伊周は、常に入道殿道長にお負けもうしあげなさって、宮中をご退出なさいました。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です