全商連[全国商工新聞] 税金の無駄使いを放置したまま消費

xdjmslw

全商連[全国商工新聞] 税金の無駄使いを放置したまま消費。3年前の話ですね財務官僚の大前提は「身を切る改革なく国民負担をどんどんかぶせる」ことであり、国民はどこまで愚民で負担を受け入れてくれるのかなぁ。税金の無駄使いを放置したまま消費税増税10%に増税した挙句 マイナンバーカードを申請した人だけ還付するなどのふざけた国民差別政策はお流れになりましたか
消費税も増税すべきじゃないですよね 消費税10%になぜ増税となった。消費税が導入される以前。日本政府の税収は所得税が中心でした。しかし。社会
構造の変化やサービス?消費の多様化など。世の中が大きく動いていくうちに。
所得に応じて課税する全商連[全国商工新聞]。月の参院選で菅直人首相が発した「消費税%」に対し。国民は「増税ノー」
の審判を下しました。しかし。直後の臨時国会大企業や大金持ちへの減税を
繰り返す一方。軍事費を拡大し。無駄な公共工事などに税金をつぎ込んでき
たからです。 民主党政権に代わった消費税増税ではなく。軍事費などのムダ
使いをただせば。国民への負担軽減と社会保障の充実はできます表。 また
。消費税を「

消費税の歴史と創設の背景。年平成元年月日。日本ではじめて消費税が税率%で導入されました
。導入されてから約年。平成の歴史とともに歩み続けた消費税は。今の代
?代の若い方々にとっては物心ついた頃から存在していた税金であり。無い
年に%と段階的に引き上げられ。年月には%飲食料品や新聞は軽減
税率適用で%のまままで引き上げられました。 では。このような大反発を受け
ながらも国が消費税の導入を推進した背景にはどのような理由があるのでしょ
うか。消費税増税のメリットは。年月には消費税が%に増税される予定です。度の延期を経てこの
タイミングでの増税となりましたが。今回の増税の消費税とは。消費活動に
対して課される税金のことです。年に初めて消費税が導入され。その後
年には%消費税は。景気の動向に関係なく。毎年安定した税収が得られて
いることもあって国にとっては貴重な財源のつになっています。この制度
によって。一部の商品に関しては消費税率%のままで買い物ができます。

衆参ダブル選挙は見送り。消費税率を年月に%まで引き上げることに「賛成」と回答した人の理由
> ?社会保障費は必要だと思う税金の無駄使いを無くせば。消費税を上げずに
済むのではないかと思います。議員の数を減らすとか消費税率引上げについて。社会保障制度の財源は。保険料や税金だけでなく。多くの借金に頼っており。子
や孫などの将来世代に負担を先送りしています。 少子高齢化が急速に進み。
消費税率%引き上げに伴い更新しました年月日。 消費税
社会保障制度とその財源について; 社会保障の持続可能性について; なぜ消費税か安倍政権。目的税である消費税が社会保障と無縁であることを知らない税金の無駄使いが
ないと思いこんでいる消費税増税5%→8%→10% 目標は%長
時間労働?サービス残業の放置共感した。ますから景気悪化させています
し。米国ハザードマフィアの言われるままに。TPP日本経済国家不平等破壊
計画に

3年前の話ですね財務官僚の大前提は「身を切る改革なく国民負担をどんどんかぶせる」ことであり、国民はどこまで愚民で負担を受け入れてくれるのかなぁ?と嬲るように試しているにすぎません。3年前の消費税増税にマイナンバーカードを提示すると4000円還付するなどの話も国民にとってはメリットがなきに等しいマイナンバーをどう浸透させるかの謀略を巡らすことに頭が行っており国民の幸せを考えたものでもなければ、どこで国民が欺かれてくれるか瀬踏みをしている状態に過ぎないのです。個人的意見ならともかく財務大臣と言えども今この時点でこんな話を制度化しようとするならそれ自体が越権行為です。税制改正のプロセスについて例年の慣例。税制の議論をするのは、民間人で構成されている内閣総理大臣の諮問機関である政府税制調査会と自民党税制調査会があります。秋ごろ政府税制調査会が答申を出し、この答申や各団体の陳情、党内の族議員の陳情などを経て年末に自民党税制調査会が自民党税制改正大綱を作成します。諮問機関の答申には法的拘束力がなく、政府税制調査会と自民党税制調査会は後者の方が力が強いです。 そして自民党税制改正大綱を基にして翌年から財務省や経済産業省の官僚が税制改正法案を作成します自民党税制改正大綱の内容に反対でも官僚は大綱の内容に沿った法案を作成しないといけません。そして2月頃法案が国会に提出され3月頃与党の賛成多数数の暴力とも言いますで可決成立します。つまり、政府税制調査会答申と自民党税制改正大綱の内容が食い違えば「必ず」後者が勝ちます。民主党野田政権時代に決めた三党合意の消費税法はこの慣例から外れた数少ない例外です。つまり一昨年は麻生太郎が勝手に言っていただけで自民党税制調査会が動いていない時点では何も現実化しているわけではありません。わかっているのは国民からなるべく奪って与えないと言う意思がミエミエであることくらいです。そもそも官僚利権が国の借金を増やして来たことを考えれば焼け太りの官僚組織に対して身を切る改革をさせて増税そのものをやめてしまうのが筋です。私の知っている天下りで一番ひどかったのは一度も出勤せず、参与の肩書をもらって法外な役員報酬をもらい1年程度で渡りをした元経済産業省官僚がいました。出勤しないで自分のホームページで家庭菜園をしている様子を公開していましたねこのような構造を直さず国民にしわ寄せをかぶせようとしています。消費税増税→軽減税率もしくは給付金返還→マイナンバー浸透などの話は例えていうなら遊ぶ金欲しさ税金の無駄使いのカツアゲに散々巻き上げられてきたのに増税物乞い軽減税率などをして引き換えにプライバシーを提供するマイナンバーようなものです。消費税増税やらマイナンバーに賛成している人はどこまで自分を卑下したら気が済むのかと思いますね。たぶん頭がおかしいのでしょう。税制に関係する話は国を一切信用しちゃいかんと言うお話ですよ。政府税制調査会の歴代会長、あるいは行政改革に取り組もうとした議員の著書を読むと決まって以下のような記述に行き当たります。「官僚達に行政改革をして借金を真面目に返そうとする意思はほとんど見られない。20%を超える消費税率の引き上げ、あるいは調整インフレをおこしてモノの値を上げて実質的に国の借金を減らす。そうなると庶民の生活が苦しくなるのは目に見えている。日本の将来を閉ざす悪辣な手段である。それを真剣に官僚もいるのだ」そりゃ、日本の将来を閉ざす手段と言われて当然です。?日本の国債の約95%が国内で消化で銀行預金なども大半が国債購入に充てられている?日本の個人金融資産の85%は預金、保険、債券などであり調整インフレを起こせば価値が下がる。その一方でふざけた予算要求、天下りや渡りによる役員報酬や退職金など手付かずです。私の知っている天下りで一番ひどかったのは一度も出勤せず、参与の肩書をもらって法外な役員報酬をもらい1年程度で渡りをした元経済産業省官僚がいました。このような構造を直さず国民にしわ寄せをかぶせようとしています。身を切る改革をせずに国民にしわ寄せをかぶせる目的の官僚が考えることは3つしかありません。?調整インフレで国の借金を踏み倒す→今アベノミクスでやっています?増税をする→「消費税増税しないと国債暴落するぞ」と脅しています?預金封鎖のような形で財産を没収する。→マイナンバーで法整備を進めていますこれが続く限り何も手を打たずにアベノミクスは始まったばかりだのそんな言葉を信じている人はひどいことになると思います。①調整インフレと増税について2000年に経団連が財務省と検討した内容を経団連が勝手に暴露してしまったことはあります。?消費税率は段階的増税で 25.5%?基礎年金給付は賃金スライド実施。報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持5%抑制?基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ?厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ?一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく?高齢者医療費は自己負担2割?医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍?その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げるちなみに行財政改革を徹底的にやれば国民負担率を50%未満で済ます試算も出ていますが我が身可愛さにこの選択肢は現政権は捨ててしまっています。この大増税普通に考えるなら皆財布の紐を固くするシナリオでも名目経済成長率を3.5%と設定しています。増税以外にも金融緩和でお金の価値を落として国民の金融資産毀損は既定路線です。安倍政権はこの方向に突き進んでいるだけ。勿論税と社会保障の一体改革なんて出鱈目です。北欧の高福祉の国は消費税が高い代わりに相続税もなく医療費も無料だったりしますが、安倍政権で医療負担を引き上げ相続税も増税しました。それに、消費税を社会保障に使うなら目的税一般会計ではなく、特定財源にして予算を確保してしかるべきですが未だに一般会計のまま。予算は確保されず他の税収や予算とまとめて単年で国会議決するので社会保障に回す気がないのは一目瞭然です。問題はそれだけではありません。1997年から大蔵省で預金封鎖の計画検討が練られておりマイナンバーはその一環とみなされています。マイナンバーってなんで必要だと言われ始めたか?安倍首相、もしくはその取り巻きは以下のような発言をしています。A~Cは伊藤元重 BDは安倍晋三の言です。この4つに共通することは マイナンバー制が必要とされていることですA証券税制の大増税と特定口座など源泉徴収をなくした完全申告化昭和時代はリスク資産である証券税制は非課税でそれが常識でしたB法人税減税と消費税大増税と軽減税率もしくはベーシックインカムC死亡消費税D銀行預金の捕捉預金金利の所得税は源泉徴収課税であり脱税はできないのになぜ?要するに、?源泉徴収で脱税の余地のないものをわざわざ脱税の余地を作って不都合を騒ぎ立てる。?消費税など逆進性の強い税制を持ち込んで弱者を痛めつけておいて不都合を騒ぎ立てる。?わざわざ資産調べをする必要のある税制を導入する。など、マイナンバーの必要がないところにわざわざ導入の口実を作るステップを踏んでいるのです。結局どれをとっても 官僚は安倍政権を後ろ盾にして 円の価値を落とす金融緩和で国債の利払いを減らし国民から借りている借金を目減りさせるとともに、増税やら預金封鎖の布石でマイナンバーやら国民から取り上げることはあっても与えることをしない方針で徹底しています。 アベノミクスが始まったばかりだの税と社会保障制の一体改革のために消費税増税が必要だの言っている人っておめでたい限りで財産を何もかも失うでしょう。全体主義の安倍政権が倒れたら次の政権はどうしたらいいんだと わけのわからないことを言う人がいますが、こんな全体主義者は頭がおかしいのですよ。プロ野球で言うなら 球団幹部が私的な使い込みなどで経営が危なくなったら選手が年金カットの如く年俸カットさせられ、増税の如く献金させられ、愛国心の如く球団愛を強制され、全体主義憲法の如く球団絶対忠誠誓約書に署名させられ、FA宣言を強制禁止されたりすることが許されるんですかね? 安倍政権で増税と全体主義を継続しろなんて言っているのは 頭がおかしい人間しかいないんですよ。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です