ニャンコな辞典 車の上に近所の猫や野良猫が乗って傷をつけ

xdjmslw

ニャンコな辞典 車の上に近所の猫や野良猫が乗って傷をつけ。わたしは大大反対です。車の上に近所の猫や野良猫が乗って傷をつけられて腹がたつからとか
庭や畑にふんをされたりして困るから捕獲器を設置してるという人に
対して反対意見か賛成意見かどちらですか 因みに捕獲器にかかったヌートリアは水に沈めて殺したと自慢げに
話しているので、猫も同じように処分されたのかもしれません
どう思いますか
ご意見をお聞かせください 飼い主のいない猫の世話をしている方へ。本市にも野良猫に関する相談が多数寄せられています。 「庭にフンをされる」。
「花壇が荒らされた」。「駐車場の車に傷をつけられた」野良猫ってどんな生活をしているの。近所の路地裏や車の下でひっそりとくつろぐ姿をよく目にしますが。あの猫たち
はみんなどうやって生活しており。エサや水はどう確保しているのでしょう?
野良猫山の中や離島で野生化し。自分でエサを捕獲するようになった猫は。
野猫のねこと呼ばれて野良猫とは区別されます。野良猫触らせてくれた
としても。自分から膝に乗ってくるなどしない限り。抱っこは禁物です。

野良猫に餌やり。届いた。近所で繁殖し。自宅の庭先でふんをされるなどして迷惑している
という。車のボンネットを爪で傷つけられたこともあり。これまで修繕費など
に約20万円を費やした。「もう我慢の限界」と訴える。 一方。餌をやる60代
女性は「おなかをすかせた猫を放っておけない」と言う。「私の顔を猫について飼い主のいない猫?外に出された飼い猫。春。秋には猫が赤ちゃんを産んだ。子猫が捨てられているという相談が多くよせ
られます。 しかし。迷惑なもとはペットとして飼われていた猫や産まれた子猫
が捨てられたため。ノラ猫として生きていかざるを得ない猫が生じています。
それらのノラ猫が良かれと思っていることが思わぬご近所トラブルに発展する
ことがあります。また。近所エサを与えている方は。その行為が周囲に与える
影響についての自覚を持ったうえで。以下のことを守ってください。

ニャンコな辞典。あいさつネコのあいさつは。人間に対しては。鼻先をつけてきたり「ゴツン
」とやってくる。味付けネコの餌に味をつけてはいけない。ウンチが
臭いので。トイレのしつけや。放し飼いの場合は。近所への対策が必要。なお
。飼い猫でも野良猫でも。分類上は「イエネコ」となる。イヌなどに追っかけ
られた時に。サッと木によじ登っているのを見かけたことがある。錠剤は口を
開けて上からポトンと落とすようにして呑ます。また。耳ネコの耳は嘘を
つかない。なかなかなつかない愛猫を手放したい。初めて飼った猫がなつかないのはもちろん。先代の猫はなついてくれたのに今の
猫がなつかないときや。野良猫や保護猫出身で人に慣れていない猫もいると
おもいます。その他にも多頭飼いをしていて1頭だけなつかない場合

野良猫で悩んでいる人へ地域猫活動。しかし。猫は愛護動物として「動物の愛護及び管理に関する法律」によって守
られており。市などで処分や捕獲することも猫が好きな人」と「猫が嫌いな人
」がいがみ合い。取り返しのつかない大きなトラブルにつながる可能性が
あります。地域猫活動は。野良猫のためではなく地域のための活動であるため
。近隣からの理解を得たうえで。以下のルールを守りみだりに殺し又は傷つけ
た場合は。年以下の懲役又は万円以下の罰金; 動物を虐待した場合は。年
以下の懲役飼い主のいない猫問題。飼い主に捨てられるなどし。それが繁殖して増えてしまった猫たちのことです。
うるさい?敷地内で子猫が生まれている?置きエサが異臭を放ち汚い?猫が車
の上に乗ってキズをつけて困る などなど猫により被害を受けている方や動物が
苦手な方もいるということを忘れてはいけません。エサやりをしている方の中
には。不妊去勢手術を行ったうえで。地域への配慮を心掛けながら。飼い主の
いない不幸な猫をあらかじめ近所の方にも説明しておきましょう。

わたしは大大反対です。動物にも命と人生があります。なぜこんなに無責任な人が集まるのですか?猫もヌートリアも同じ動物です。同じ命なんです!なのに、こんなに無責任なことを喜ぶのか分かりません。猫だってヌートリアだって、幸せに暮らしたいんですよ。なのに何故そんな人生をぶち壊して楽しんだり、喜んでるんですか?いくら、害が出ても、殺すという考えは普通でません!しかも苦しみさせて。普通は、「今度は対策しよう」そう思うはずです。もしもですよ?もし、人間たちが、逆の立場だったとしたら、勿論動物たちとおなじ知識そういうここは汚しちゃダメ、ここは乗っては行けない、そういうのって分からないじゃないですか!ちゃんとこちらが対策しろってことです。猫の縄張りでもあるんです。だから、警戒したりするのはいいですけど、捕獲器で捕まえ、水に沈めて苦しみながら殺す?そんな殺すことなんてしないでください。あまりにも酷かったら、悲しいですが、施設にお願いしたらいいじゃないですか、猫にもヌートリアにも動物全員には、命と人生があるんです!そんな軽くこの2つを潰さないでください!いつでも、逆の立場で考えて行動して欲しいです!まだ色々な人生があるのにそれを勝手に潰すなんてことは許されません。捕獲機を置くこと自体で私有地であればなんの問題もおまへんな。でもって、それを保健所へもっていかはって、殺処分してもらうのも問題おまへん。賛成です。かわいそうとも思いません。野良猫は害獣です。放し飼い猫も。被害を受け続けるほうは、健康被害やノイローゼにもなりかねません。猫に対するアレルギーがあれば軽いものからひどいものまで様々な症状が出て、そのために仕事や家事や勉強にもさしつかえるし、ひどい人は命に関わるかもしれません。車の傷だって修理に出せば10万円以上かかります。本当に被害が酷いなら捕獲器使用も責められませんが水に漬けるのは、飼い猫の可能性があるならかえって訴えられるのでアウトですね前もって、捕獲器設置して捕獲できた時その場合、猫は迷い猫として保健所へ送る等地域にお知らせするなどしておいた方はいいとわ思います飼い猫ってわかってるなら動画等証拠とって裁判もありだとは思うけどね昔、野良猫を飼い猫と間違えられて訴えられたうちの猫が訴えられました ってブログあったくらいだしね捕獲器で捕獲して残酷な方法で殺すのは大反対だけど、捕まえて保健所に連れて行くとか山奥に放つとかは仕方ないのかなと思うようになりました。あまりにも引っ掻き傷がひどいと、車の全塗装で20~30万円になることもありますからね。それを防ぐという意味でも、捕獲器は決して悪くない決断だと思います。下の方の回答に返す様で悪いのですが、車の傷や糞尿くらいでと言いますが、それらが原因で裁判になったケースもあります。全ての人が猫が好きなわけじゃないですし、害獣だと思ってる方にとっては駆除することは決して悪いことではないのです。反対です。と言うか、個人がやる駆除と虐待の区別がつかないですね。ネズミでも猫でも熊でもイノシシでも殺されたと聞けばキレイ事と言われようが可哀想だと思うものだと私は思ってしまいます。それを自らの手でする精神状態が理解出来ないし、車のキズや糞尿被害くらいでそこまで追い詰められる事も理解出来ません。ある意味どちらも可哀想なのかもしれませんけどね。猫歴60年以上です。猫は室内飼いは絶対条件です。ご近所の花壇にウンチした、オシッコした、大切にしている樹木で爪研ぎをした。猫好きはこんなこと何でもないけど、猫嫌いは殺したくなるでしょうね。動物を殺す人を避難する前に迷惑をかけない飼い方をすべきです。賛成である。可哀想という理由だけで考えるのは簡単なこと。ただ、実害を考えれば致し方なし。怖い。動物がかわいそう。猫も悪気があって、車を傷つけたのじゃないだろうし、フンをするのでもないし、殺すのはいけなくないですか?私は、反対意見です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です