エミレーツ エミレーツ航空のA380の2クラス仕様はアッ

xdjmslw

エミレーツ エミレーツ航空のA380の2クラス仕様はアッ。座席数の兼ね合いとA380特有の非常口の位置から2クラス仕様のアッパーデッキは後方がビジネスクラスになっています。エミレーツ航空のA380の2クラス仕様は、アッパーデッキ前方がエコノミーで、後方がビジネスクラスですが、なんで変な配置になっているのですか 普通は入口から近く静かな前方をビジネスクラスにしますよね あと、降機時はビジネスの客が降りるのに、エコノミークラスを通り抜けるのは面倒くさいですよね エミレーツ航空。エミレーツ航空は世界屈指のリゾート地アラブ首長国連邦のドバイを本拠地とし
世界大陸都市以上へ就航。のアッパーデッキ階後方には
エミレーツ自慢のバーラウンジがあり「空飛ぶ宮殿」と称されます。エミレーツ。同社のはファーストクラスとビジネス。エコノミーのクラス構成が基本で
。座席数席仕様の場合。アッパーデッキ階はファースト席とビジネス
席。メインデッキ階がエコノミー席となっている。

ビジネスクラス厳選ツアー特集。ドバイとヨーロッパの間の機材は。階建てのエアバスであることが多く。
アッパーデッキ階後方にはエミレーツ自慢のバーラウンジがあり。専任の
クルーがバーテンとしてワインやカクテルをサーブしてくれます。 エミレーツ
航空エミレーツ航空。エミレーツのはこれまで。超長距離路線向けのクラス席ファースト
席。ビジネス席。階前方の従来仕様でエコノミーだったエリアに設けて
おり。ファーストとビジネスはアッパーデッキ階に配されエミレーツ航空。エミレーツ航空のプレスリリース 時分エミレーツ航空
。エアバスの体験を高次元エミレーツ航空のプレミアムエコノミークラス
について。ティム?クラーク卿は次のようにコメントしてい座席配列は–で
。座席数は。席となります。メインデッキからアッパーデッキへと続く階段
や。機内シャワースパのデザイン。モダンな機内シャワースパ

座席数の兼ね合いとA380特有の非常口の位置から2クラス仕様のアッパーデッキは後方がビジネスクラスになっています。アッパーデッキ前方をビジネスクラスにしてしまうと非常口で分けずに、機内の中途半端なところでエコノミーとビジネスクラスが分けられます。エミレーツとしてはA380のエコノミーとビジネスの客の動線を完全に分けたいという思いがあり、座席数の兼ね合いから前方をエコノミー通常ボーディングブリッジがつける非常口を挟んで、ビジネスクラスというレイアウトにしたそうです。出来る限りエコノミーの座席数を多く、尚且エコノミーとビジネスの客の動線を分け、さらにうまい具合にビジネスクラス向けのラウンジを設置するという条件を満たしているのが今のレイアウトということですねちなみにアッパーエコノミーの客は、前方の階段を使い、メインデッキのボーディングブリッジを利用することが多いそうです。私の記憶が正しければ、エミレーツのyoutubeチャンネルに2クラス仕様のキャビンツアー動画があるので、利点がわかるかと思います。2階は1階と違ってエンジンから離れてるので、そこまで気にしなくて良い。そして、2階にブリッジをつけるときは中程に付けるので、ビジネス客はエコノミーを跨がずに出入りできるのです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です